気づかれ"し"ない星

タグ:ベンチ ( 16 ) タグの人気記事

潮の香り


b0035093_06384.jpg


2011.8.3 (Wed) 月齢2.85  16

吸い殻の残っていない灰皿は
汚れもなく乾いていて
このベンチに座って過ごす勇気があれば
波止場からの潮の匂いを
楽しむことができそうだ

前を過ぎ
振り返り
やっぱり

ちょっと座ってみた

足を組んでみる
頭を後ろに海老反ってみる
大仏になってみる

潮の匂いを楽しむはずが・・・

遠くでカモメが
無関心に鳴いていた
[PR]
by dune-planet | 2011-08-03 00:08 | 何気ない日

日曜のバイク

b0035093_1755434.jpg


2011.7.8 (Fri) 月齢7.0

曇り空の中
まだ涼しいうちに家を出て
山に向かう

途中コンビニでおにぎりと
ゆでた卵とお茶を買い
ザックにつめる

分け入っても分け入っても山の中
四国の山もけっこう奥深い
ほとんど誰ともすれ違わない山道だけど
たまに狸と猿に出くわしたりする

お腹が空いてきたら
見晴らしのいいところでバイクを止め
おにぎりを頬張る
山では全く役に立たないiPhoneも
音楽を聴くのには役に立つ

前方の青い山の稜線が
肩のように柔らかい
静かに流れるバイオリンが
風の音のように聞こえてくる
[PR]
by dune-planet | 2011-07-08 17:57 | 何気ない日

ベンチ


b0035093_2263474.jpg


2011.2.15 (Tue) 月齢12.44

犬を連れた婦人が
ベンチで休んでいた
広い冬の公園に
人の姿は見えないが
何を見ていたのだろう

やがて
空を仰ぎ
傍らの犬を確認して
静かに立ち上がる
犬が一瞬鼻がしらを婦人に
向けたように見えたが
それを合図に
歩き出した

立ち止まって
再び歩き出すのには
何かよりどころが必要だ
空を仰ぎ見た時
自分と誰かのつながりを
確認していたのかもしれない

婦人が去った
ベンチもやがて
春の光にさらされる
[PR]
by dune-planet | 2011-02-15 22:09 | 何気ない日

飛行機


b0035093_051588.jpg


2009.1.23 (Fri) 月齢26.6

見上げれば
左から右に滑ってゆく機影
翼がきらりと反射した

あの小さな金属の中にも
様々な思いが閉じこめられていて
炭酸のふたを開けたときのように
シュとまたそれぞれに
広がって行く

それにしても
ここはひっそりとしている
[PR]
by dune-planet | 2009-01-23 23:59 | 何気ない日

春だから

b0035093_074580.jpg

2007.3.11 (Sun) 月齢21.4

風のない日に
ベンチに座れば
胸の中まで
日差しが届く

いつかはいなくなる

覚えていることも
忘れてしまう

そんなもんですね
それでいいんです
[PR]
by dune-planet | 2007-03-11 23:59 | 何気ない日

記憶

b0035093_22504514.jpg

2007.1.13 (Sat) 月齢23.5


ひとり
ふたりで?

あれた海
はれた海?

ぬくもりは
簡単に消え
残る記憶
[PR]
by dune-planet | 2007-01-13 23:59 | 何気ない日

向こうへ

b0035093_2259236.jpg

2006.11.30 (Thu) 月齢9.2

明日 この海の向こうに行きます
海を渡るのは久しぶり
[PR]
by dune-planet | 2006-11-30 23:59 | 何気ない日

二人がけ

b0035093_23182383.jpg

2006.11.26 (Sun) 月齢5.2


もうすぐXmasですね
この席予約しておきましょうか?
[PR]
by dune-planet | 2006-11-26 23:14 | 何気ない日

眠りたい夜に

b0035093_21394161.jpg

2006.10.28 (Sat) 月齢5.9

疲れたあなたに
おいしいお酒を用意しよ
どこかの国の伯爵が
眠れぬ夜ごとに聴いていた
変奏曲も用意して
あとは
おやすみって言ってみた
アハ
[PR]
by dune-planet | 2006-10-28 23:59 | 何気ない日

b0035093_0111528.jpg

2006.9.3 (Sun) 月齢10.3

朝にも昼にも
木が木であるように
夜にもまた朝にも
草は草であるように
人の思いというものも
そこに留まっている
[PR]
by dune-planet | 2006-09-03 23:59 | 何気ない日