気づかれ"し"ない星

<   2006年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧

プール

b0035093_2313267.jpg

2006.7.31 (Mon) 月齢5.9

すぽっシュ

クロールの中級コースで
かっこよく泳ぐ方法を習ってる
今はぐりぐり肩をまわす練習だ
「そのうちみなさんもイアン・ソープのようになりますよ」
って先生に言われて生徒一同ぽわっと遠くを見つめたが
すぐに「ムリムリ」って各自つっこみを入れたに違いない
高級な洗顔石鹸は無理でも
牛乳石鹸ぐらいにはなりたいものだ
今はとりあえず
軽い外耳炎にはなりましたけどね・・ トホホ
[PR]
by dune-planet | 2006-07-31 23:59 | 何気ない日

Mission

b0035093_0132118.jpg

2006.7.30 (Sun) 月齢4.9

友人のデートについて行ったことがある
好きこのんで行ったわけではなく頼まれたからだ
友人と、友人の彼女の友だちと4人
友人からは適当なところで
彼女の友人を連れ去ってほしいと言われていた
別に私に女を紹介するつもりではなく
友人は彼女と二人っきりになりたいそれだけだ
お茶を飲んだり買い物したりして時間をつぶした頃
友人が目でそろそろだって言ってきたので
つかつかと彼女の友人のほうに歩み寄り
肩をたたいて「どこかに消えません?」ってきめてみた
なのに
彼女の友だちは固まってしまっていた
勘違いしたらいかんよ誘ってるわけじゃないからね
そんな気持ちがわかるはずもなく ・・
行き場をなくした私はUターンして元の位置に何とか着地したけれど
心は昼間の朝顔みたいにしわしわだ
友人はちょっとしらけ気味だし・・
しかたないから
もう一度彼女の友だちに近づいて
これこれこうなのだからねって事情を説明し
その場から連れ去ることはできたけれど
おつれ同士お茶も飲まず
当然仲良くなることもなく右と左にさよならした
その後友人はどっかのたかーいビルに上がって
帰ってこなかったそうな
[PR]
by dune-planet | 2006-07-30 23:59 | 何気ない日

ビールと

b0035093_23473572.jpg

2006.7.27 (Thu) 月齢1.9

ひとり
バーのカウンターに座っている
ビールとオムレツ
店内は薄暗く
オムレツの白い皿にダウンライトが反射している
いつのまに20年・・
昔のことは懐かしくまぶしいけれど
今と同じ秤にかけることはしない
今のこの強い思いが好き
きっと私を自由にしてくれてる

オムレツが村上春樹みたいでしょ って
付け加える

そんなもんかもしれないね
ビールはないけど乾杯
[PR]
by dune-planet | 2006-07-27 23:59 | 何気ない日

イヌプレイン

b0035093_0314073.jpg

2006.7.24 (Mon) 月齢28.5

飛行機に乗っていた
連れの女が隣で
「うわぁ大阪の街にに突っ込んでるー」って言うから
どれどれって見ると確かに陸地がだんだん近づいてきてる
機内に「遭難信号を受けましたので着陸します」のアナウンス
おや?いつのまにやら飛行機はネコバスならぬ
セントバーナード犬になってる
口から激しい唾液を垂らしながらその力で飛んでいるようだ
イヌプレインは難なくなんばグランド花月前に着陸
足下が唾液で気持ち悪い
べたべたを見てたら急に本屋に行きたくなった
通行人に「近くに本屋ないですか」って訊いても
怪訝な顔をするだけだ
「紀伊国屋とかないん?」って言うと
紀伊国屋には反応してくれて
教えられるままに行くと
お城みたいな家に到着
玄関をくぐると三波春夫が
♪皆の衆~皆の衆~
ってミカン船の上で歌ってた とさ

変な夢を見た
[PR]
by dune-planet | 2006-07-24 23:59 | 何気ない日

うすーい

b0035093_125724.jpg

2006.7.22 (Sat) 月齢26.5

クイズ番組を見ていて
同居人や息子より多く正解し
とっても満足するんだけど
だからといって「すごいねー」なんて
言ってもらえるわけでもない
無表情の裏で充実感に浸っているだけだ
だんだんにうすーくなってるから
たまには感心されたいお年頃
[PR]
by dune-planet | 2006-07-22 23:59 | 何気ない日

楽しい時間

b0035093_0205160.jpg

2006.7.21 (Fri) 月齢25.5

娘の手をとって
足が地面から離れる勢いで
ひゅーんとやってくる
そしてまた
風に泳ぐ鯉のぼりみたいな娘を連れて
ひゅーんと帰って行く
つかまってる娘もおでこに風を受けて
気持ちよさそうだ
わずかに使える時間を
きっと二人でうまく切り取ったんだ
[PR]
by dune-planet | 2006-07-21 23:58 | 何気ない日

特にツキもなし

2006.7.20 (Thu) 月齢24.5

b0035093_23402290.jpg
郵便局に行ったら
















b0035093_23443666.jpg
前を見たら ありゃ まあ

それだけのことで
特にいいこともなかったし
落ちがあるわけでもないよ
[PR]
by dune-planet | 2006-07-20 23:59 | 何気ない日

譲れない場所

b0035093_2110214.jpg

2006.7.16 (Sun) 月齢20.5

大切な場所がある。
それは階段を登った突き当たりにある
壁と壁に挟まれたわずかなスペースだ。
小さめの窓があり、昼間は階段に明かりを運んでいる。
長い間その場所に椅子を置きたいと思っていた。
細い足がゆるくカーブを描いているようなものだ。
でもほしいものに比例する金額にはついて行けず
いつまでたってもそこは何もない場所だった。

ところが最近
友人からもらったイーゼルがあったことを思い出した。
物置をひっくり返して探し出してきたイーゼルに
キャンバスの代わりに好きな絵をのせて置いた。

大切な場所は私にとって譲れない場所である。
家族の誰かが荷物を置くことも許さなかった場所だ。
そこはこの家の唯一私だけが専用できる場所かもしれない。
だから
今そこを見るとふっと息をはくことができる。


そんな話しを聞かせてもらったのは
まだ日差しがこれほど強くない日の午後だった。
[PR]
by dune-planet | 2006-07-16 23:59 | 何気ない日

おうちゃくたまご

b0035093_23141544.jpg

2006.7.14 (Fri) 月齢18.5

母親は
朝ご飯だけは欠かすまいと心に決めていた。
ごはんと野菜が入った味噌汁と卵焼きを
毎日欠かさず娘のために作り続けた。
ごくまれに時間が足りない時でも、何とか味噌汁だけは作り
卵は味噌汁の中に落とした。

娘は
母親が焼くだし巻き卵は大好きだったが
ごくまれにある味噌汁に入っている卵は大嫌いだった。
そんな朝は「あ~あ今朝は手抜きのおうちゃくたまごや!」って
母親を恨めしく思っていた。
娘は、味噌汁の中の卵のことを
密かに”おうちゃくたまご”と呼んでいたのだ。

母親の年になった今でも
その娘は”おうちゃくたまご”が嫌いだ。
それでも朝ご飯を作ることだけは欠かしていない。
たまに大嫌いな”おうちゃくたまご”を自ら作っても。
[PR]
by dune-planet | 2006-07-14 23:59 | 何気ない日

現れて去って行く

b0035093_2327319.jpg

2006.7.12 (Wed) 月齢16.5

すぽっシュ

エクササイズにおける
ばあちゃん率ランキング!暫定

◇3位 ボディコンバット(格闘技)、ボディパンプ(バーベル使用)
 ゼロ
 死んだら元も子もなくなるからね

◇2位 ヨガ(けっこうハードです)
 60%
 お尻を突き出したりするポーズが多いので
 陣取った場所によってはずーっと
 ばあちゃんのお尻を見ることになる
 これも修行と思えればね

◇1位 脂肪バイバイ(プール)
 95%
 ハイレグ度5度の水着が25mプールの2コース分の中にぎゅぎゅ
 細ながーい輪になって楽しげではあるが
 参加するには勇気が足りない
[PR]
by dune-planet | 2006-07-12 23:59 | 何気ない日