気づかれ"し"ない星

カテゴリ:何気ない日( 996 )

K.F


b0035093_19112444.jpg


2012.1.29 (Sun) 5.8

本屋でばったりと会った

実は少し前から気づいていたのだけれど
昔の面影のせいで少し動揺し
ためらっていた

なるべく不自然でないように
横に立って挨拶をする

「こんにちは」
「あらぁ」
「ひさしぶり」
「ほんとね」
「お元気でしたか」
・・・・
「○○君(私の名前)同窓会来てなかったね」
「うん」
「くればよかったのに」
・・・・

そんな会話で
長い話しにもならず別れる

帰りの車の中で
珈琲でもって誘えばよかったのか
電話番号くらい聞けばよかったのか・・
「いつかまたお会いしましょう」
なんてかっこつけて別れたことを後悔し始めていた


でもね
ちょっと息苦しいくらいで
胸がほのかに熱くなるくらいで
いい塩梅なのでしょうね
[PR]
by dune-planet | 2012-01-29 19:12 | 何気ない日

一瞬の星


b0035093_2127207.jpg


2012.1.23 (Mon) 月齢29.4       

”僕たちはみんな一瞬の星”
そんな歌を聞いた
普段なら聞き逃していたかもしれないけど
感受性のアンテナが敏感だ


さてさて
お気づきの方もいらっしゃるかな
昨年から勝手にやっていたカウントダウンが
今回でめでたくゼロになりました
正確に言うならば
ブログの記事数が1000になりました
カメも歩けば結構遠くまで行けるものです
ここに来ていただいたすべての方を
抱擁したいくらいですが
バイクおじさんの抱擁なんて
気持ち悪いだけですね^^

大切な人を亡くした人
新しい命が生まれてばあさんやじいさんになった人
幻の木を植えたまま帰ってこない人
東北で暮らしている人
写真が大好きな人・・・

たとえ
我々は一瞬の星でも
同じ時代の中
悲しみや喜びを感じながら
いっしょに生きてゆきたいですね
[PR]
by dune-planet | 2012-01-23 21:30 | 何気ない日

わかれ

b0035093_229449.jpg


2012.1.18 (WED) 月齢24.4 1

「手と手」を書いた時には
こんなことになるとは思ってもみなかったけれど
その翌朝の1月16日に父が亡くなった。


私は父のことがあまり好きではなかった。
そのことは、父も気づいていたのだろうな。

葬儀の前の眠れない夜に
髭を剃ってる後ろ姿とか
筆で書いた文字とか
意外に小さな脱いだ靴とか
いろいろなことを思い出したら
ああ
嫌いではなかったんだなと気がついた。

そうして、後悔もしたけれど
少し心が軽くなったような気もした。
[PR]
by dune-planet | 2012-01-18 22:11 | 何気ない日

手と手

b0035093_23372587.jpg


2012.1.15 (Sun) 月齢21.4 2

私の父のそのまた父・・
私の子どものそのまた子ども・・

遠いそのまたの父に
頭をなでられたい気がするし
そのまたの子どもの頭をなでていたい気もする

よく頑張ってるなって誉められたいし
よく頑張ってるねって誉めてもあげたい

やっぱりちょっと頭が大きいのでしょうか
やっぱりちょっと気が弱いのでしょうか

でもたいしたことではないですね
ずっとつながっているのですから
[PR]
by dune-planet | 2012-01-15 23:39 | 何気ない日

ベンチがふたつ

b0035093_22444910.jpg


2012.1.14 (Sat) 月齢20.4  3

私はしばらくここで
海に向かっていたいと思います。

そう告げる相手がほしい
静けさです。

いえ、私ももう少し
ここにこうしております。

そんな言葉が返ってほしい
静けさでもあります。
[PR]
by dune-planet | 2012-01-14 22:46 | 何気ない日

私は、わたし

b0035093_23362989.jpg


2012.1.13 (Fri) 月齢19.4   4

どこかのバイクおじさんが私を見て
あれ~パグかと思ったって
ばあさん(飼い主ね)に笑いながら言ってたけど
私はれっきとしたチワワです。

それに、
こんな毛糸のちゃんちゃんこなんか着せるから
還暦じいさんみたいでスパイ飛行してるみたい。
気分は、ずーっと低空飛行よ。
人間ならまだアラフォーってとこなのにね。

でもね
[PR]
by dune-planet | 2012-01-13 23:40 | 何気ない日

ノダさん

b0035093_22475393.jpg


2011.9.22 (Thu) 月齢24  5

犬の背中にも
ノダさんの背中にも
犬の毛をなびかせ
ノダさんのシャツをなびかせ
風が吹く

ノダさんは犬に
犬はノダさんに
こんにちは って挨拶し

やむをえず私も
ノダさんと呼んだ人に
こんにちはと言い

ついでに
あれはあなたの犬ですかと
質問してみる

そんな軽口の
風の感触
[PR]
by dune-planet | 2011-09-22 22:49 | 何気ない日

1-HOUR


b0035093_22331116.jpg


2011.9.18 (Sun) 月齢20  6

果樹園に吹く風が
クリーニング店の向こうで
吹いているような気がする
広大な芝生に張られたロープに
ひるがえる幾百もの洗濯物

受付では
収穫の日の予約をしているのだろう
それにしても
たっぷりと日を含んで
摘まれるまでに
たった1時間とはね・・
[PR]
by dune-planet | 2011-09-18 22:35 | 何気ない日

鹿児島で砂とたわむる

b0035093_2093256.jpg


2011.9.16 (Fri) 月齢18  7

指宿温泉で裸になって
まあ温泉ですから裸が当たり前
老若男女みんな裸になって
裸のまま浴衣を着て
片手にタオルを持たされて
砂浜まで歩いて行く

砂浜には整然と
人が横になれるほどの窪みが並んでいて
スコップを持ったおじさんたちが手招きしている
墓堀人のようなおじさんに
手に持ったタオルを取り上げられ
上向きに寝かされ
あっと言う間に砂に埋められる

奪われたタオルはちゃんと頭の下に敷かれていた
考えるより埋まる方が早い
熟練の板前さんに捌かれた魚のようだ
ぼんやりとした魚も
15分ほどでいい具合に蒸し上がった

他の蒸し上がった
老若男女といっしょに
浴衣のまま温泉に浸かって
体の砂を落とす
おおこれは(周りを見ながら)
混浴といっても間違っていないだろう
そんなことを思いながら
老若男女と暮れゆく鹿児島湾を眺めたのである

つづき
[PR]
by dune-planet | 2011-09-16 20:49 | 何気ない日

伊丹十三記念館

b0035093_2113243.jpg


2011.9.14 (Wed) 月齢16  8


23年9月4日
伊丹十三記念館
愛媛県松山市東石井

建物を真上から見ると
食パンの真ん中に
四角いバターを乗せたような
そんな形をしている
小さな四角の部分が中庭になっていて
大きな四角との間に展示室とカフェがある

中庭に一本だけ木が植えられている
細く長いベンチに座って眺めていると
時折強い風が過ぎて行き
木が風に応えてザザッと揺れる

伊丹十三の残した絵や本や映像を見ながら
こんな人になりたかったんだなと思った
木を揺らした風が体の中を過ぎて行った気がした

でもここまで生きてきて
それはそれでよかったのだろう

去って行った台風の風が
丸い小さな葉をザザッと揺らす

いつかどこかに
同じ木を植えたいな

(木の名前は”桂”、受付嬢がにこやかに教えてくれた)
[PR]
by dune-planet | 2011-09-14 21:16 | 何気ない日