気づかれ"し"ない星

おうちゃくたまご

b0035093_23141544.jpg

2006.7.14 (Fri) 月齢18.5

母親は
朝ご飯だけは欠かすまいと心に決めていた。
ごはんと野菜が入った味噌汁と卵焼きを
毎日欠かさず娘のために作り続けた。
ごくまれに時間が足りない時でも、何とか味噌汁だけは作り
卵は味噌汁の中に落とした。

娘は
母親が焼くだし巻き卵は大好きだったが
ごくまれにある味噌汁に入っている卵は大嫌いだった。
そんな朝は「あ~あ今朝は手抜きのおうちゃくたまごや!」って
母親を恨めしく思っていた。
娘は、味噌汁の中の卵のことを
密かに”おうちゃくたまご”と呼んでいたのだ。

母親の年になった今でも
その娘は”おうちゃくたまご”が嫌いだ。
それでも朝ご飯を作ることだけは欠かしていない。
たまに大嫌いな”おうちゃくたまご”を自ら作っても。
[PR]
by dune-planet | 2006-07-14 23:59 | 何気ない日