気づかれ"し"ない星

鳥取まで


b0035093_21114378.jpg


2010.10.11 (MON) 月齢3.3

植田正治写真美術館へ行ってきた

砂丘とこうもり傘とハットが印象的で
見事なまでに配置されたそれらが
不思議な写真の世界を見せてくれる
寺山修司の世界とも
どこかつながっているように感じるけど
重さとか湿り気が無く
神戸風月堂のゴーフルのように
サクッとしている





b0035093_2116918.jpg

     人がいなくてしずか シャッターの音が軽やかに響く

b0035093_21184393.jpg

     油断してたらカップル登場 入館料800円

b0035093_21192994.jpg

     大山(だいせん中国地方の最高峰)が見えるように建物が建てられている

b0035093_21243371.jpg

     窓からは常に大山が

b0035093_21261613.jpg

     すりガラスのむこうの階段 展示は1階から3階

b0035093_21274599.jpg

     新潟市新津美術館のポスター ほしい

b0035093_21305278.jpg

     裏窓 針葉樹

b0035093_21315461.jpg

     おしい 頭が切れている 大山を見る美術館でもある

b0035093_21334550.jpg

     写真がプリントされたトートバッグ TシャツもあったけどLサイズまで 残念

b0035093_213516100.jpg

     美術館前の停留所 本当にバスはやってくるのかな

b0035093_21363417.jpg

     カップルに手を上げて サンキュのサイン 当然無視です

b0035093_21382476.jpg

     トンボよなぜ羽をふせる

b0035093_213995.jpg

     写真美術館とは思えない立派な建物

b0035093_2144948.jpg

     往復400㎞の旅

b0035093_21445230.jpg

     影だけ
[PR]
by dune-planet | 2010-10-11 23:10 | 何気ない日